ついにラーメン二郎 三田本店へ突撃!!

「ラーメン二郎」を愛するなら必ず一度は行くべき場所、それは港区三田の慶應義塾大学の近くにある「ラーメン二郎 三田本店」(写真上)です。
私は池袋の支店には行っていますが、三田本店は行っていません。そこで、仕事が終わった後に都営バスで渋谷駅東口を経由して田町駅(都営地下鉄三田駅)方面に向かいました。その日は非常に寒く、熱いラーメンを食べるにはピッタリのコンディションでした。
着いたのは18時45分頃でしたが、既に約15人待ちです。こんな寒い時でも、行列ができるほどの人気ぶりです。店の前には、ラーメンの特性を知ってなのか健康志向のウーロン茶などが販売されていました。
ただ、食べ終わった客が少しずつしか出ないので、カウンターにつくまでには結構時間がかかりそうです。
待つこと30分、ようやく食券を買うことが出来ました。ここの食券はプラスチック製です。色とマジック線が目印の様です。

少しして、カウンター席に空きが出来たので、そこに案内されて座りました。食べ終わった客が出るのですが、店内は狭いので譲り合っていかなければなりません。
食券をカウンターに出すと、あとは出来るのを待つのみです。基本的なラーメンの大小や豚の量は、食券購入時に決まりますが、トッピングは出来上がり直前に決めます。しばらくして、最後の仕上げに入りましたので、トッピングを聞かれます。
ここで決められるのは、「野菜」「ニンニク」「アブラ」「カラメ」です。私は「野菜、ニンニク、アブラ増し」にしました。そして、ついに出てきました(写真下)。
もちろん、ボリュームは満点です。食べている途中で、並んでいる客に聞かれた店員さんが「申し訳ございません、本日は終了です」と言っていました。やはり、早めに並ばないと食べられないようです。大満足で店を後にすると、約20人の待ち客が並んでいるではありませんか。で、私は何を思ってか、虎ノ門に向かって歩いて行きました。