MARUZEN Cafeの「早矢仕ライス」

MARUZEN Cafe先日に無料バス「メトロリンク日本橋」に乗車した時に、丸善日本橋店を目撃しました。作家、学者、文化人に愛された書店である、あの「丸善」なのです。
その中の3階に「MARUZEN Cafe」(写真上)があって、丸善の創業者である、早矢仕 有的(はやし ゆうてき)氏が生み出した「ハヤシライス」を食することができます。もっとも、表記は「早矢仕ライス」ですが。
まだ18時前でしたので空席が目立っており、すぐに案内されました。
さあ、注文です。早矢仕ライスは具材等によって数種類のバリエーションがありますが、ここは「原点の味」を堪能しようということで、「早矢仕ライス」(1,080円)と「サラダセット」(プラス250円)(写真下)をオーダーしました。

早矢仕ライス サラダセットまず、サラダが来ました。でも、お目当ての早矢仕ライスが来るまで待ちます。そして、待望の早矢仕ライスが来ました。
サラダを前菜に食べて、じっくり煮込んだソースがかかったライスを食します。程良いとろみが付いており、味も巷の店とは格段に異なります。少しずつ、ライスをかき分けながら、ソースと合わせて食しました。しばし、昔にタイムスリップして明治初期を堪能します。バラエティに富んだ様々な具入りもいいですが、余計な物を排した「原点の味」を満喫するのも良いかと思います。
店員さんの対応も素晴らしかったですよ。そして、精算します。少し出たところにギャラリーがあるので、食後の楽しみに寄るのもいいですよ。