堀川 ひとみ 4th concept album「VECTOR」レコ発ライブ

Eggman tokyo east今年新春のNeccoライブ以来の再会、「ひーたん」こと、堀川 ひとみさんのライブが岩本町にてレコ発で開催されました。東京メトロ東西線で九段下へ、都営新宿線で岩本町へ向かい、徒歩で会場の、Eggman tokyo east(写真上)に向かいました。すると、既に10人ほど待っている観客たちがいました。さらにさらに、Necco仲間も結構来ていますよ。並んで待ちましょう。
定刻より5分遅れの14時35分に開場し、事前に購入した観客から受付を開始しました。遠方からの観客もいましたよ。こうして次第に席が埋まり、ほぼ揃ってきた頃の定刻より10分遅れの15時10分に、開演しました。
オープニングは、前日までのひーたんの声だけコント風戯れ言で始まります。そして、ストーリー仕立ての話に展開して、ついに「ひーたん」の登場です。

堀川 ひとみ 4th concept album「VECTOR」レコ発ライブ電子ピアノが用意されていますが、まずはショルダーキーボード弾き語りで始まりました。今まで歌ってきた曲とは雰囲気が異なるので、ちょっと違和感を持った方がいたのではないでしょうか。紹介で前日までの体調不良を超えて、ついに当日を迎えたことをアピールしました。次は空元気で手拍子賑わう曲を歌い、いつもの調子に戻った様子です。終演後に引き換えとなるCDのアナウンスの後に、これぞ「ひーたんの曲」と言うべき歌に続きました。今度は電子ピアノに移って、ヴォーカル一切なしの演奏に集中し、しんみりした時間が過ぎていきます。さらにステージの前に移り、オケ有りのヴォーカルで歌い、前半はお開きです。
ここで、抽選会です。返事は「いらんわ~!!」です。CD引換券の番号が使われました。結果的には、全く当たらず終わりましたけどね。
後半は、ピアノ弾き語りで歌い始めました。これで続くかと思いきや、またオケ有りのヴォーカルで歌い、すぐにピアノ弾き語りに戻って静かに歌います。トークを挟んで、場にふさわしい本格的なライブらしい曲を歌い、時間の流れに酔いしれます。ここで、アルバムの紹介について話します。制作に携わっていた方への御礼もさることながら、観客にも忘れませんよ。最後は、サービストラックの曲で締めくくりです。実に素晴らしい出来でありますよ。

打ち上げタイムの「おつまみ」これで終演となり、最後のあいさつを語ります。この後はCD引換タイムに入り、招待客から始まり、続いて引換券の番号順で行われました。時々プレゼントもありましたよ。さらに何と、ひーたんの母も来ておりました。
続いて、撮影タイムです。電子ピアノで1曲演奏して、ショルダーキーボードで弾きながらオザレのサービスも惜しまずやってくれました。と、うっかりしていたと今後の告知を行いました。何と、来年から全国ツアーを組んで出かけることが決定しているとのことです。
この後は、打ち上げタイムに入ります。椅子が収納されてテーブルが出されます。新たにドリンクとおつまみ(写真下)を買って、大盛り上がりです。数人は帰りましたが、半分近くは歓談で撤収の19時近くまで賑わいました。
最後に、撮影タイムで撮った「ひーたん」の写真をギャラリーとして掲載します。