工事が進む、小田急下北沢駅へ

小田急下北沢駅ホーム小田急の複々線化工事も終盤に差し掛かり、来年の春には代々木上原~梅ヶ丘間が複々線になる段階まで進んでおります。立体交差を行うにあたり、京王井の頭線と交差する下北沢駅は最大の難関であり、京王線も巻き込んで工事が行われています。
そこで、私は新宿から小田急に乗って下北沢まで行きました。代々木上原から工事は始まっており、現在使用中の最も外側の急行線の1つ内側に、将来の緩行線となる新線が敷設されておりました。東北沢駅は、既に緩行線のレールと架線の大半が設置済みで、現行ホームも完工時に即時撤去できる簡素な構造になっていました。
下北沢駅を降りて、直上の緩行線ホーム工事現場を見ますと、レールが敷設されており、そろそろ外観等の仕上げに入れそうな段階まで進んでおりました。地上部は通路の両側が工事用の鉄板で覆われており、完全複々線開通後も続きそうな雰囲気です。まあ、京王線との連絡通路も絡んできますので、このあたりは見守っていくしかないと思います。