東京メトロ半蔵門線の駅発車標表示に小変化が

東京メトロ半蔵門線の駅発車標2019年になって、本格的に日常の通勤光景となっている今日この頃であります。
さて、東京メトロ半蔵門線の駅発車標表示を見ますと、行先の文字が大きくなっていますね。今までは、読み仮名を併記していましたが、他線と同じように読み仮名を省いた大きな文字表示を行うようになりました。また、停車駅の表示も字の小さい縦スクロールから字の大きい横スクロールに変更されています。
おそらく、今までの表示では字が小さすぎて読みづらい、という声が上がったからだと思われます。最初は線毎に表示を変えて、どれが良いかを見極めてから最適な表示を選んで、それを後でROM更新によって行って統一させるようです。こうやって、利便性を高めていくのは良いことではないでしょうか。