新しくなった、下北沢駅に行く

新年度になって最初の週末、夕方頃に下北沢で用事があるために渋谷から京王井の頭線で下北沢に向かいました。
下北沢駅では、昨年の春に小田急が緩行線の使用を開始して完全なる複々線化が行われ、今度は駅舎部分の工事が進んで先月には今まで一体だった小田急と京王の改札が分離されました。それと同時に、それぞれの中央改札口が設けられ、その間に自由通路ができました。これによって、小田急と京王の乗り換えをしていた利用客にとっては、今までなら改札を通らずに済んでいたのが、今後は中央改札口を通る必要が生じます。一方で、今までなら駅の交差部分で改札外の通路が無くて迂回する必要があったのが、今後は駅構内の自由通路を通れば良くなって駅周辺のアクセスが改善されます。
長い間、工事が続いて不便続きだった下北沢駅も、ようやく利便性の高い駅に生まれ変わったのではないでしょうか。