東京メトロ有楽町線 千川駅から見る立体交差への分岐点

写真は、東京メトロ有楽町線 千川駅から小竹向原駅方面に向けて撮影した、立体交差へのポイントです。
元々は、このような分岐ポイントはありませんでしたが、直下に現在の副都心線となる有楽町新線ができて、副都心線が渋谷まで直通することで両線の便数が増えてくると、小竹向原駅での平面交差が大きな問題になってきました。この平面交差によって到着直前の信号停車が頻発し、ダイヤの乱れを助長することになったのです。
そこで、平面交差を解消するために新たな渡り線が追加されたのです。写真上は池袋・有楽町・新木場方面の線路で、左側が西武線(小竹向原駅 2番線)から来る線、右側が東武線・和光市方面(小竹向原駅 1番線)から来る線です。写真下は小竹向原・西武線・和光市・東武線方面の線路で、左側が和光市・東武線方面(小竹向原駅 4番線)への線、右側が西武線(小竹向原駅 3番線)への線です。
ここから眺めると、新木場方面だったらどちらから来たのかが、小竹向原方面なら行先によって分岐して行く線が変わるのが楽しめると思います。なお、くれぐれも安全には十分配慮して下さい。