大阪モノレールのホームドア

首都圏では、ホームドアの設置がかなり進んでおりますが、一方で実家のある関西では遅れはあるものの着実に進んでおります。その中で、大阪モノレールの一部の駅では写真のようにホームドアが取り付けられております。
一般的な鉄道であれば、ホームから地面までの高さは約1.1mですので、転落しても列車が来ていなければ衝撃は大きくありません。しかし、跨座式モノレールの場合は高さが結構あるので、転落したら命に関わります。そういった意味でも、モノレールへのホームドア設置は絶対に必要です。
大阪モノレールでは、以前からホーム柵が設置されていましたが、ドアの位置には何もない状態でしたので、転落の危険性は十分ありました。そういったことからも、今回のホームドア設置は喜ばしいことですね。順次設置するようですので、全駅設置のときが待ち遠しいです。