自宅でジンギスカンを食す

新型コロナウイルス(COVID-19)による緊急事態宣言が発令されて、外出の制限が加わる週末は、近くの商店街にある食材店で見つけたラム肉と大量のもやし(1kg入り)を買って、事前に購入済みのジンギスカン鍋を使って昼食にしました。
まずは、肉と同時に入手した牛脂を鍋に塗って、もやしを周りに敷き詰めてから、ラム肉を焼きにかかりました。最近は、食材店で運良くラム肉を見つけると買ってはジンギスカンにしていましたが、専用の鍋がなくて中華鍋を使っていました。ただ、高温になると火力が弱まるコンロであるため、ジンギスカン鍋を使う時はセンサーを一定時間無効化するアダプタを挟んで使用しました。
火力が強いと早く焼けて、もやしと一緒にガッツリと食べましたよ。そうそう、タレはベル食品「成吉思汗 たれ」にしましたよ。肉が厚めに切ってあったので、結構食べごたえがありましたよ。時々、追加の牛脂を塗っては、もやしも入れて、至福の時間を過ごしていました。満腹になった頃に、火力が弱まって終了となりました。
後片付けですが、油ギトギトですごく獣臭かったので、スポンジがすぐダメになりました。まあ、楽しかったですけどね。