古いパソコンにセットアップ、窮屈だなぁ

古マシンにWindows7をインストールノートパソコンを売却したために、Windows8のライセンスが1つ余ったので、古めのパソコンにインストールすることにしました。富士通のFMV-C630という、ビジネスマシンです。で、セットアップDVDを入れて、は見たものの、STOP 0x0000005D エラーで全然ダメでした。理由は、Windows8はCPUにNX/XDbitの有無をチェックしていて、無い場合は止まってしまうという旧機種切り捨てのOSなのです。つまり、MicrosoftがキャンペーンでWindows8を安く販売したのは、OSのアップグレード促進だけでなく、パソコンの買い換え促進も行なっていたという、「アメとムチ」の商売なのです。「アメ」はOSを期間限定ながら激安価格で販売したこと、DSP版を単独販売可能にしたことです。「ムチ」は旧機種のインストールを出来無くしたことです。
で、元々FMV-C630はWindowsXPが入っていましたが、中古で買っているのでOSなしです。まあ、メモリは2GBに、HDDは160GBに強化しましたので、何とか使えるレベルにはしています。しかし、WindowsXPのDSP版は高くてWindows7のDSP版(メモリ同梱)が安かったので、それを購入してインストールしました。問題なく出来ましたが、ワイド画面には追従できず、Aeroも無しです。おかげで窮屈な画面で操作することになりました。やはり、ビデオカードに頼らなくてはならないのでしょうか。と言っても、PCIスロットしかないので選択肢は限りなく狭いです。中古で買うしかないでしょう。