偶然にも、京とれいん 雅洛に乗車する

実家に帰省して2日目という今日は、家族総出で買い物に出かけておりました。その時に、家電量販店に立ち寄って、PCパーツを買おうとしましたが、さすがに近郊の店では売っておらず、やむなく私は大阪梅田まで買いに行くことにしました。
無事に買い終わって、阪急で帰るために大阪梅田駅に着いて改札を通った直後に特急が発車してしまい、次の列車を見ると、何と「快速特急」と表示されていました。それで2ドア車というので、もしやと思ったら、その予感は大的中、快速特急「京とれいん 雅洛」京都河原町行だったのです。
停車駅は、大阪梅田、十三、淡路、桂、烏丸、京都河原町です。なので、大阪梅田から淡路まで乗車しました。車内は京町家風で坪庭もあり、ドアも格子戸風の縦細窓です。自動放送が導入されており、日英中韓4ヶ国語で案内されます。本音でいうと、全区間乗車したいのですが、家の用事があるので、そうもいかなかったです。短時間でありながら、特別料金不要の観光列車を満喫し、淡路で堺筋線天下茶屋発の準急京都河原町行に乗り換えて帰宅しました。